ニュース

仮想通貨交換業者ビットトレード、商号を「フォビジャパン」へ変更

Huobiグループの一員であることをアピール

 Huobi(フォビ)グループのビットトレード株式会社は2月12日、同社商号を2月1日付で「フォビジャパン株式会社」(英文表記:Huobi Japan inc.)へ変更したことを発表した。同社は仮想通貨交換所「BitTrade」を運営していたが、2018年9月にHuobiグループに買収され、2019年1月に運営する交換所をHuobiグループの取引プラットフォームへ移行した。今回の商号変更は、日本におけるHuobiグループの一員であることを強調するためのものとのこと。

 Huobiは、香港を拠点とする仮想通貨・ブロックチェーン関連企業グループで、シンガポール、イギリス、日本、韓国、香港、タイ、オーストラリアなど、グローバルに展開している。日本国内向けサービスは1月8日よりスタートした。現在はXRP、Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoin、Monacoinの売買と入出金に対応している。