ニュース

Huobi、金融庁認定の仮想通貨交換所BitTradeの経営権を獲得

香港拠点Huobiグループがビットトレード社の株式75%を実質的に保有

 金融庁認定の仮想通貨交換所「BitTrade」を運営するビットトレード株式会社は9月12日、同社の株式75%を保有するTrue Joyful Limitedが、香港を拠点とするHuobiグループの日本法人に買収されたことを発表した。ビットトレード社の経営権は、Huobi Japan Holding Limitedへ異動となる。ビットトレード社の残り25%の株式は、引き続き株式会社FXトレード・フィナンシャルが保有する。

 ビットトレード社の経営権は先だって5月30日の株式譲渡により、ロバート・ルーク・コリック氏から、チェン・リェ・メン・エリック氏が代表を務めるTrue Joyful Limitedに異動していた。今回、9月12日にTrue Joyful Limitedの株式100%がHuobi Japan Holding Limited(代表:クリス・リー氏)に譲渡されたことで、ビットトレード社の株式75%と経営権が実質的にHuobiグループへ異動した形となる。Huobiは、香港を拠点とする仮想通貨・ブロックチェーン関連企業グループで、シンガポール、イギリス、日本、韓国、香港、タイ、オーストラリアなど、グローバルに展開している。