ニュース

三菱UFJニコス、クレカ利用明細もとに仮想通貨で還元の実証実験開始

○○Payとは逆にクレカ側にポイント機能をまとめる。シンクロライフと共同研究

トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANは7月25日、三菱UFJニコス株式会社と共同で、クレジットカードの利用明細データを用いて利用金額の一部をブロックチェーン上の仮想通貨で還元する実証実験を開始した。実験では、三菱UFJニコスの社員が同社加盟の飲食店で利用した明細データを対象とするとのこと。

実証実験の概要図

GINKANが提供するシンクロライフは、飲食のレビューや加盟店の利用を通して独自のポイントを受け取れるグルメSNS。スマートフォン向けアプリとして提供している。サービスの基盤にブロックチェーンを活用しており、加盟店での会計時などに付与される独自ポイントをトークンとして発行するシンクロコイン(SYC)へ変換することができる。トークンはユーザー間での受け渡しなども可能だという。

シンクロライフは7月1日より「食べるだけで暗号通貨が貯まる」サービスを提供している。シンクロライフ経由で加盟店利用時、支払い金額の一部を同社が発行するトークン「シンクロコイン(SYC)」として受け取れる仕組みだ。

加盟店のレジ付近には「仮想通貨貯まります」と書かれたポップが設置される

同社のシンクロライフアプリはレストラン検索に加えてウォレット機能を搭載しており、シンクロコインの管理機能を内蔵する。しかし、前払式決済手段やクレジットカードなどと連携していないため、現在はアプリのQRコード読み取りと代金の支払いを一元化できていないという。

実験では、クレジットカードと連携することで、トークン付与までの流れをシンプルにすることを実証する。今回の場合は、対応店舗で対応するクレジットカードだけを提示すれば、アプリのQRコードを提示しなくても自動でトークンが付与される形となる。ユーザーと店舗側双方の利便性向上を目指すという。