ニュース

仮想通貨で電子マネーチャージ可能に。au WALLET・Edy・nanaco対象=ディーカレット

3000円以上は手数料無料。BTC・ETH・XRP・BCH・LTCに対応

デモ機によるディーカレットアプリからau WALLETへのチャージの確認画面

ディーカレットは8月21日、同社が運営する仮想通貨交換所DeCurretにて、仮想通貨による電子マネーチャージの提供を開始した。au WALLET、楽天Edy、nanacoに対応する。同交換所の公式アプリまたはWebブラウザから、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)、Bitcoin Cash(BCH)、Litecoin(LTC)を用いてチャージを行うことができる。

チャージ手数料は3000円以上で無料、3000円未満では1回ごとに108円となる。チャージ金額は1000円、3000円、5000円、10000円から選択でき、10円単位で入力することもできる。1回のチャージ金額は各電子マネー共通で1000円が最低金額となり、最大金額は電子マネーごとに異なる。金額に合わせてディーカレットの交換レートに応じて仮想通貨は自動的に計算される。チャージ先はau WALLETは電話番号を選択する形式。楽天EdyとnanacoはギフトID経由でのチャージとなる。

ディーカレットは本発表に合わせ、ビックカメラ有楽町店にて記者会見を開催。実際にディーカレットアプリ経由でau WALLETへチャージを行い、ビックカメラ店頭での電子マネー決済を実演した。

ビックカメラ有楽町店にてディーカレットでチャージしたau WALLETを用いてQR決済を行う時田社長

編集部で検証したところ、ウォレット側での電子マネーチャージの申請自体は数回のタップ操作で完了し、1分とかからない。しかし、電子マネー側(au WALLET)での反映は申請から8分後だった。支払いに利用できる状態になるまで、トータル10分程度かかる場合があることは念頭に置いておいた方がよさそうだ。レジ前で慌ててチャージという使い方には適さず、前もってチャージ手続きを済ませておく必要がある。

仮想通貨の実利用の課題の1つに、決済や出金のたびに手数料が取られることがある。ディーカレットの電子マネーチャージは、まとまった金額であれば手数料がかからず、すでに広く普及しているプラットフォームが対象となる。決済にかかる時間の問題は完全には解決できていないものの、短期間で実現できてユーザーが求めているものの折衷案として、実用に即したサービスと言える。

ビックカメラ・中川景樹氏(写真左)、ディーカレット・時田時田一広社長(写真中)、KDDI・長野敦史氏(写真右)