ニュース

SBIが仮想通貨交換所のサービスを正式に開始、Ripple(XRP)の現物取引から 〜BTCやBCHも順次予定

 SBIホールディングス株式会社は6月4日、仮想通貨の交換および取引サービスを提供するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社が正式に仮想通貨交換所「VCTRADE」のサービスを開始したことを発表した。先行予約にて口座開設を申し込んでいた約2万人の顧客を対象に、仮想通貨の取引に必要なパスワードなどを同日より郵送で届けるとのこと。

 SBIバーチャル・カレンシーズは、すでに2017年9月に仮想通貨交換業者の登録を完了済みで、かねてより開業の準備を進めていた。今回は、まず先行してRipple(XRP)の取り扱いを開始。続いてBitcoin(BTC)、Bitcoin Cash(BCH)の取り扱いを開始する予定だ。

 同社は「VCTRADE」の特徴として、売買に関する価格差は業界最低水準のスプレッドを実現し、システムはSBIジャパンネクスト証券において運用実績のある、米国の大手証券取引所NASDAQの取引システム(マッチングエンジン)を利用した、世界最高水準の低遅延な取引環境の提供を挙げている。

 また、仮想通貨交換所のセキュリティについては、セコムグループのセコムトラストシステムズ株式会社と提携し、万全の体制でウォレットの管理、運営を行っていくとのこと。

 なお、一般の口座開設の申込受付は、7月中の開始を予定しているそうだ。