ニュース

SBIの仮想通貨交換所がBitcoinの取り扱いも開始 〜XRP、BCH、BTCの現物取引が可能に

 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社は、同社の仮想通貨交換所「VCTRADE」でBitcoin(BTC)の取り扱いを本日6月18日より開始する。Ripple(XRP)、Bitcoin Cash(BCH)に続き、新たにBitcoinの現物取引に対応することになる。

 「VCTRADE」は、日本円でXRP、BCH、BTCを売買できる仮想通貨交換所。6月4日にはRipple(XRP)のみ、続く6月11日からはBitcoin Cash(BCH)の取り扱いが開始され、本日18日からはBitcoin(BTC)での現物取引も可能。

 SBIホールディングス株式会社は2018年3月期第3四半期決算説明会において、同社の仮想通貨交換業ではBitcoin、Bitcoin Cash、Rippleのほか、Ethereum(ETH)を取り扱う可能性について言及していた。また、マイナーな仮想通貨は取り扱わない意向であるとしていた。

 なお、2018年3月期決算説明会では、仮想通貨交換業やマイニング事業のほか、ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する事業や構想も語られていた。ブロックチェーン/分散型台帳技術を用いた独自決算プラットフォーム構想「Sコインプラットフォーム」の一環として、ユーシーカード株式会社と株式会社Orbとの三社合同による地域通貨「UC台場コイン」の実証実験が4月より実施されている。