ニュース

仮想通貨交換所コインチェックが海外送金サービスの停止へ 〜日本円とアメリカドルが対象

海外送金サービス停止のお知らせ(コインチェック公式ブログ)

 仮想通貨交換所「Coincheck」を運営するコインチェック株式会社は6月29日、海外送金サービスを停止する予定であることを発表した。同日再開したばかりの公式ブログにて、日本円(JPY)、アメリカドル(USD)による海外送金サービスの停止を告知した。

 同社の公式ブログは1月末から昨日まで活動が停止していたが、6月29日より新しいURLにて更新を再開し、海外送金サービス停止に関する告知記事を掲載した。日本円およびアメリカドルによる海外への送金、海外からの入金をすべて停止する予定であるという。

公式ブログ再開のお知らせ(コインチェック)

 海外送金サービスの停止スケジュールとしては、海外への送金は7月13日15時までの申請分を処理し、それ以降の依頼分はすべてキャンセルとなる。海外からの入金は7月20日着金分までを有効とし、それ以降の着金分は送金元の銀行口座へと返金される。なお、記載されている日時は、すべて日本時間とのこと。