ニュース

警視庁、「あなたのパスワードが侵害されました」と不自然な日本語で仮想通貨を要求する脅迫メールに注意喚起

返信・要求には応じず、不正送金マルウェアなどに感染しないように警告

 警視庁サイバーセキュリティ対策本部は11月30日、「あなたのパスワードが侵害されました」「私は沈黙のためにあなたからの支払いを期待しています。」などと不自然な日本語で仮想通貨を要求する脅迫メールが拡散中であることを警告し、返信・要求などには応じないよう注意喚起した。こういった不審なメールに対して警視庁は何度も注意喚起しており、これらのメールを受信しても返信せず、要求には応じず、添付ファイルやリンクを開かないように改めて呼びかけている。

 拡散中の脅迫メールについては、警視庁サイバーセキュリティ対策本部が警告を発し、一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が最新のメール文面例や注意点をサイト上に公開されている。JC3によると、インターネットバンキングの不正送金マルウェアの感染拡大などを目的にした不審なメールが、日本を標的として大量に送信されているとのこと。これらのメールの添付ファイルやリンクを開くと、インターネットバンキングの不正送金マルウェアに感染したり、フィッシングサイトに誘導されてクレジットカード情報などを盗まれる恐れがあるという。

 なお、不審な脅迫メール自体は珍しくなく、警視庁からも何度も注意喚起されており、メールの内容もバリエーションがある。このような脅迫メールを受信し、不安に思う場合には、「警視庁とJPCERT/CCが警告、仮想通貨を要求する不審な脅迫メールが相次ぐ」や「情報削除と引き換えに仮想通貨を要求する日本語の脅迫メールが確認」、「警視庁、「ポルノ視聴時の動画を消して欲しければ」と仮想通貨を要求する脅迫メールに注意喚起」といった記事も併せて参照していただきたい。