ニュース

楽天の仮想通貨交換業者みんなのビットコイン、商号を「楽天ウォレット」に変更

新サービス展開に先駆け楽天グループの事業としてリブランディング

楽天ウォレット株式会社のコーポレートロゴ

 楽天グループの一員として仮想通貨交換所「みんなのビットコイン」を運営するみんなのビットコイン株式会社は2月13日、商号を「楽天ウォレット株式会社」に変更することを発表した。新たな商号は2019年3月1日より適用し、同時にコーポレートロゴの変更も発表している。これらの変更は、同仮想通貨交換事業が、楽天グループのブランドであることを強調する目的があるという。

 「みんなのビットコイン」は、現行の取引サービスを3月31日に終了することを発表している。また、サービス終了スケジュールの詳細を発表した。同社は4月から新サービスを展開予定としている。現行サービスから口座等を持ち越さないため、別途新規口座の開設が必要となる。現行サービスの口座内に仮想通貨を入金しているユーザーは3月29日15時までに出金手続きを行う必要があるとのこと。