ニュース

楽天グループの仮想通貨交換所みんなのビットコイン、現行の取引サービスを3月31日に終了

4月より新取引サービスを開始する予定

 楽天グループの一員として仮想通貨交換所「みんなのビットコイン」を運営するみんなのビットコイン株式会社は1月11日、現行の取引サービスを3月31日に終了することを発表した。4月より新取引サービスを開始する予定とのこと。プレスリリース「電子帳票の提供再開および取引制限解除につきまして」の本文下段で、本件の重要な決定を明らかにした。

 みんなのビットコイン社によると、現行の取引サービス終了後に外貨残高は円転し、円貨残高はユーザーが登録した銀行口座へ送金するという。ただし、仮想通貨についてはそういった対応を行わないため、ユーザー自身が出金などの処理を行う必要があるとのこと。

 みんなのビットコイン社は仮想通貨交換業者の登録申請中で、現在は「みなし仮想通貨交換業者」として営業している。一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)より、みんなのビットコイン社の第二種会員としての入会が発表されている。