ニュース

オウケイウェイヴ、みなし仮想通貨交換業者LastRootsの連結子会社化を表明

第三者割当増資を4月16日に実施

 株式会社オウケイウェイヴ(OKWAVE)は3月13日、みなし仮想通貨交換業者の株式会社LastRootsを連結子会社化する意向を表明した。LastRoots社が4月16日付けで実施する第三者割当増資の3万5000株をすべて引き受ける。オウケイウェイヴが現在保有する株式を含めて3万9200株、発行株式数の82.88%を取得し、連結子会社にする。

 オウケイウェイヴが進めていた仮想通貨交換業の登録申請の意向は取り下げるという。資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者には、連結子会社化するLastRoots社を登録申請することに注力するとのこと。

 LastRoots社は、独自の仮想通貨c0banを扱う仮想通貨交換所「c0ban取引所」や動画広告プラットフォーム「c0ban.tv」を展開している。金融庁認定の自主規制団体である一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に第二種会員として加入している。

仮想通貨交換所「c0ban取引所」
動画広告プラットフォーム「c0ban.tv」