ニュース

マネックスポイントの仮想通貨への交換が可能に

コインチェックの口座利用。ビットコイン・イーサリアム・リップルに対応

(マネックス証券 公式サイトより引用)

 マネックス証券株式会社は4月24日、グループ会社であるコインチェック株式会社と連携し、ポイントサービス「マネックスポイント」における仮想通貨への交換サービスを開始した。マネックス証券の株式や投資信託サービス等の利用で貯まるマネックスポイントを、1ポイント1円換算でBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)に交換できるという。利用には仮想通貨交換所Coincheckのアカウントが必要となる。

 今回の取り組みは、マネックス証券とコインチェックによる初めてのサービス連携になるという。マネックス証券の株式・投資信託のユーザーが、サービスの利用で得たマネックスポイントを使って、仮想通貨の投資を始めてみることができる。投資者層に対する仮想通貨投資へのきっかけ作りとしては、実に違和感のない連携だ。

マネックスポイント仮想通貨交換サービスの仕様(プレスリリースより引用)

 また、コインチェックは電気料金を仮想通貨で支払い可能なサービス「Coincheckでんき」を提供している。仮想通貨に交換したポイントは投資に利用せず、同サービスを利用して光熱費の支払いに割り当てることも可能ということだ。手数料はかかるもののCoincheck経由で出金して日本円にすることもできるので、マネックスポイントの使い道は一気に広がったと言える。

 マネックス証券は、今回のサービス発表に伴い2つのキャンペーンを開催し、合計400ポイントのマネックスポイントを配布するという。マネックスポイントの仮想通貨交換サービス用にメールアドレスを登録したユーザーと、マネックス証券の新規口座を開設したユーザーがキャンペーンの配布対象となり、それぞれ200ポイントを贈呈するとのこと。