ニュース

フェイスブック独自の仮想通貨、詳細発表は6月18日予定か──TechCrunch報道

コードネーム「リブラ」はFacebook Messenger等で送金可能なステーブルコインと予想

(Image: rvlsoft / Shutterstock.com)

Facebookがコードネーム「Libra」(リブラ)として開発中の仮想通貨について、その詳細を6月18日に公開する予定であることを、米TechCrunchが6月7日に報じた。仮想通貨についてFacebookの公式発表はまだだが、これまでに関係者筋から出た情報によると、同社が開発中の仮想通貨はステーブルコインであると予想されている。同社が提供するMessengerやWhatsAppなどのアプリを通じて無料で送金できるという。

本件は複数の投資家からの情報で明らかになったという。また、裏付けとして独WirtschaftsWocheと米The Informationがそれぞれ異なる情報筋から同様の報道を行っている。これらをまとめると、Facebookは6月18日に仮想通貨プロジェクトLibraのホワイトペーパー公開し、6月下旬に同プロジェクトの正式稼働を予定。正式リリースは2020年予定となる。

TechCrunchは、これまで関係者筋から明らかとなった情報や、The Information紙の報道を元にFacebookが開発中の仮想通貨について予測をまとめた。まず名称はコードネームのLibraが採用されることを予想している。同社がLibra Networksという名称の金融サービスをスイスで登録しているからだ。また、The Information紙が、BBCが報じた「GlobalCoin」の名称を使用しなかったことを理由に挙げている。

Facebookの仮想通貨は一定の価値を持つステーブルコインとなることが予想されている。コインの安定性を担保するため、Facebookは資金拠出について金融機関と協議中だという。同社が提供するMessengerやWhatsAppなどのアプリを通じた送金、eコマースやニュース記事の購読、実店舗での少額決済への活用が考えられるとのこと。