ニュース

米下院金融委員長、Facebookに仮想通貨リブラ開発の一時中断を要請──CNBC報道

フェイスブックによる個人情報の取り扱い軽視と仮想通貨市場の現状を問題視

写真は2019年プレジデントデー演説時のマキシン・ウォーターズ議員(Karl_Sonnenberg / Shutterstock.com)

米下院金融サービス委員長である民主党のマキシン・ウォーターズ議員がFacebookに対し、仮想通貨「Libra(リブラ)」の開発を一時中断するよう要請したことを、米CNBCが6月19日に報じた。同社による仮想通貨の開発計画を抑制しなければ、Facebook利用者の人生にまで影響範囲が広がるとウォーターズ議員は警鐘を鳴らしている。

ウォーターズ議員は、Facebookが数十億人分の個人情報の取り扱いを軽視し続けていることや、現在の仮想通貨市場が投資家や消費者を保護する規制の枠組みを欠いていることなどを問題視。議会と規制当局が審査を終えるまでは、仮想通貨「Libra」の開発を一時中断するようにFacebookに要請しており、同社幹部による議会証言も必要だとした。