ニュース

Facebook、独自の仮想通貨Libraの詳細を発表。PayPal、VISA、Mastercard、Uber、eBay、Spotifyなどが参画

リブラ・ブロックチェーンはオープンソース。スマートコントラクトにも対応

Libraの創設メンバー

FacebookはコードネームLibra(リブラ)として独自のブロックチェーン・仮想通貨を開発している。そのLibraのオフィシャルサイトが6月18日に公開された。プロジェクトの詳細は同サイト上にてホワイトペーパーとして掲載されている。2020年前半に正式稼働を計画しているとのこと。

Libraは、Libra Association(リブラ協会)の下、コンソーシアム型で合議制によって運営される。参画メンバーそれぞれが議決権を持ち、3分の2の合意によって方針を決定する仕組みを取る。正式稼働まではFacebookが中心となるが、リリース以降は同社も一参画企業として中央集権化を回避する。協会創設メンバーには、PayPalやVISA、Mastercardなど主要な決済機関や、eBay、Uberといったテック企業、ブロックチェーン関連ではCoinbaseなどが名を連ねる。

今回の発表と共にLibraはオープンソース化され、テストネットを公開中だ。Libraのブロックチェーンは、「低ボラティリティの暗号通貨をサポートするように設計された、分散型のプログラム可能なデータベース」と説明されている。Ethereumのようにブロックチェーン上で動作する仮想マシンを備え、Move言語で記述されたスマートコントラクトを扱えるとのこと。

【Libraのエコシステム】
【Libra協会について】