ニュース

米リップル社、世界最大級の送金会社マネーグラム社と新たに資本契約を締結

決済フローにXRPを用いる国際送金システム「xRapid」の本番運用まもなくか

(Image: Shutterstock.com)

米Ripple社(リップル)は6月17日、世界最大の送金会社の一つであるMoneyGram社(マネーグラム社)との戦略的パートナーシップの締結を発表した。マネーグラム社は2018年1月より、リップル社の国際送金システム「xRapid」の導入を表明し、リップル社と協力関係にあった。今回の戦略的提携では、リップル社はマネーグラム社に対して、2年間で5000万米ドルを出資する資本契約を締結している。

マネーグラム社は、200を超える国と地域に数百万の顧客を持ち、複数の通貨をサポートする世界最大の送金会社の一つ。xRapidを導入し、XRPを用いてクロスボーダー決済および外国為替(FX)決済の高速・低手数料化を目指す。

xRapidの導入で、マネーグラム社は米ドルから目的通貨への資金決済を、24時間365日の常時対応かつ高速・低コストで実現することができる。同社はこれまで決済前に多様な通貨を調達していたが、今後は主要通貨で決済し、資金調達のタイミングと決済要件を一致させることで、コスト削減とリスク軽減を図るという。