ニュース

コインチェック、IEOプラットフォームの提供を検討開始

委託型のトークン発行による資金調達。実施希望プロジェクトを募集開始

コインチェックのIEO事業のイメージ図

仮想通貨交換所を運営するコインチェックは8月22日、ユーティリティトークンによる資金調達支援事業、すなわちIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)のプラットフォーム提供について、検討を開始したことを発表した。

IEOは、事業者自身がトークンを発行して資金調達を行うICOとは異なり、事業者がトークンの発行を仮想通貨交換所に委託して行う資金調達の方式である。仮想通貨交換所が事業者を審査し、そのプラットフォーム上にトークンを上場するため、投資家保護の観点からICOよりも信頼できる方式と考えられている。

同社は「これまでトークンを活用した資金調達を行っていない企業やプロジェクト」を対象に、IEOのプラットフォームを提供する。資金調達を希望するプロジェクトを今後募集していく方針である。