ニュース

中国人民銀行のデジタル通貨はFacebookの仮想通貨リブラより先に出ると専門家ら予測

Libra効果でプロジェクトが加速。いつでも出せる状態に

(Image: Shutterstock.com)

中国の中央銀行である中国人民銀行に近い専門家たちは、人民銀が開発を進めている中央銀行のデジタル通貨(CBDC)について、Facebookが計画する仮想通貨Libra(リブラ)より早くローンチされるとの見方を強めている。中国英字メディアのチャイナデイリーが報道した。

リブラは2020年前半のサービス開始を計画しているが、規制当局の懸念が強く、計画通りに進むかは不透明な状況となっている。

人民銀の穆長春決済司副司長は8月10日、中国で開かれたフォーラムで、人民銀が近く発行するデジタル通貨について、「いつでも出せる状態」とし、詳細を明らかにした。

チャイナデイリーの報道によると、人民銀に近い関係者は「(人民銀は以前からデジタル通貨の発行を検討してきたが)リブラプロジェクトが開発を加速させるきっかけになった」と述べた。

専門家たちは今後の手続きが全て順調に進むなら、CBDCの発行はリブラよりも先になると予測している。

穆長春副司長は、中国のCBDCについて、「中央銀行が発行するが、市民は金融機関を通じて法定通貨と交換することになる」と説明している。