ニュース

仮想通貨交換所Zaifの運営会社、フィスコ仮想通貨取引所に変更完了

Zaifユーザーに対する事業譲渡の承諾期間は延長、テックビューロ社は会社解散へ

 仮想通貨交換所「Zaif」事業は11月22日、テックビューロ株式会社から株式会社フィスコ仮想通貨取引所に譲渡された。Zaifの事業譲渡を承諾したユーザーは、運営会社変更後も引き続きZaifを利用できるが、銀行振込によるZaifへの入金口座が変更されているので注意されたし。テックビューロ社は、仮想通貨交換業の登録を廃止し、会社解散の手続を行う予定とのこと。

 Zaifの事業範囲を具体的に紹介すると、仮想通貨の交換所運営、仲介、ファイナンスのほか、仮想通貨を利用した金融派生商品の開発、仮想通貨の交換所運営に関するシステムの開発・販売、さらにコンサルティング、その他の仮想通貨一般サービスであるとのこと。

 Zaifの事業譲渡を承諾したユーザーは、運営会社の変更後も引き続きZaifを利用できる。ただし、一部仮想通貨の入出金や売買などの取引、コイン積立やアフィリエイトなど、仮想通貨流出事案や事業譲渡に伴って停止したサービスについては、再開時に改めてアナウンスがあるという。

 Zaif公式サイトには「仮想通貨流出事件に関するFAQ」ページが用意されている。既存ユーザーは、一通り目を通しておくとよいだろう。