ニュース

仮想通貨交換所BITPoint、Bitcoin Cashハードフォークに伴うBCH入出金停止を継続

2月上旬には仮想通貨レバレッジ取引の最大倍率を25倍から4倍に変更予定

 株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨交換所「BITPoint」では、2018年11月のBitcoin Cashハードフォークに伴うBCH入出金(預入・送付)の停止処置が、記事執筆時点(2019年1月7日13時50分)でも解除されていない。Bitcoin Cashブロックチェーンネットワークの安定稼働が確認できるまで、停止処置を継続するとのこと。また、同交換所では2019年の2月上旬に、仮想通貨レバレッジ取引の最大倍率を従来の25倍から4倍に変更するという。

 仮想通貨交換所「BITPoint」では、Bitcoin Cash(BCH)ハードフォーク直前の11月15日21時からBitcoin Cash(BCH)の入出金を停止している。ネットワークの安定稼働が確認できるまで、停止処置を継続する意向であることが重ねて発表されている。BCHの売買は行える。

 また、同交換所では2019年の2月上旬、仮想通貨レバレッジ取引の最大倍率について、従来の25倍から4倍に変更する予定であるという。金融庁認定の仮想通貨自主規制団体である一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に同社も会員社として所属しており、同協会が規則で定めるレバレッジ倍率の値を採用するための変更とのこと。