ニュース

Bitcoin Cashハードフォークから3週間弱、国内仮想通貨交換所はBCH入出金を徐々に再開

新通貨BCHSV対応表明の交換所は、金融庁認定の自主規制団体と取り扱い開始時期を調整中

 仮想通貨Bitcoin Cash(BCH)の2018年11月における大規模アップデートは、予定通り16日1時40分頃に実施された。詳細は記事「Bitcoin Cashハードフォークが無事完了、ABCとSVにチェーンが分岐して新仮想通貨が誕生」で報じ、さらに記事「Bitcoin Cashハードフォークから約100時間、国内仮想通貨交換所はBCH入出金停止を継続」で続報したので、そちらも参照いただきたい。

 Bitcoin Cashは今回のハードフォークによりチェーンが分岐したため、Bitcoin CashはBitcoin ABCとBitcoin SVという2種類の通貨に分裂した。

 方針表明済みの国内交換所の情報のほか、売買可能なBCH価格からの推測として、Bitcoin ABC(BCHABC)が既存通貨Bitcoin Cash(BCH)(一部の交換所ではBCC)の通貨単位(ティッカーシンボル)を引き継ぐことになるだろう。

 新通貨となるBitcoin SV(BCHSV)については、これまでのBCH保有ユーザーに付与するか否か、といった方針を発表している国内交換所は少ない。付与する方針であっても、金融庁認定の自主規制団体である一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)との調整が必要となるため、取り扱い開始時期は未定とされる。

【Bitcoin Cashハードフォーク後の対応通貨】
※最終更新は11月23日15時00分
交換所名最新発表日Bitcoin ABC
(既存通貨)
Bitcoin SV
(新通貨)
Liquid by Quoine11月14日対応対応
bitFlyer11月14日対応未発表
bitbank11月22日対応未定
VCTRADE11月7日対応対応
GMOコイン11月14日未発表未発表
BitTrade11月6日未発表未発表
BTCBOX11月8日対応対応
BITPoint11月14日未発表未発表
フィスコ仮想通貨取引所11月9日未発表未発表
Zaif11月7日未発表未発表
Coincheck11月13日対応未定
みんなのビットコイン11月14日対応対応検討

 Bitcoin Cashハードフォーク前後にネットワークの安定稼働が確認できないなどという理由のため、国内交換所ではBCH入出金などの取引を停止する状況が長引いていた。停止処置は徐々に解除される傾向にある。

 前回掲載した状況整理の記事初出後の追加情報としては、みんなのビットコインは11月20日、入金を再開した。bitbankは同交換所の価格と市場価格が大幅に乖離していることを理由に、11月の22日20時から26日11時まで売買取引を停止した。コインチェックは11月27日、入出金と売買を再開した。BTCBOXは11月30日、入金を再開した。Liquid by Quoineは12月4日、入出金を再開した。

【Bitcoin Cashハードフォーク前後の取引可否】
※最終更新は12月6日12時30分
交換所名停止日時入金出金売買
Liquid by Quoine15日1時40分頃
bitFlyer15日22時00分頃××
bitbank15日22時00分頃
VCTRADE13日7時00分頃×
GMOコイン15日12時00分頃××
BitTrade15日22時00分頃××
BTCBOX15日00時00分頃×
BITPoint15日21時00分頃××
フィスコ仮想通貨取引所15日12時00分頃××
Zaif9月17日夕方頃××
Coincheck15日12時00分頃
みんなのビットコイン15日1時40分頃