ニュース

BITPoint、30億円相当の仮想通貨の不正流出について記者会見を開催

ホットウォレットの秘密鍵が流出か、原因と流出経路は調査中。流出額は預かり資産の13%に相当

記者会見の様子。写真左から株式会社ビットポイントジャパン・小田社長、同社取締役COO朏氏

株式会社ビットポイントジャパン7月16日、同社が運営する仮想通貨交換所「BITPoint」の仮想通貨通貨不正流出について、都内某所で記者会見を行った。株式会社ビットポイントジャパン・代表取締役社長の小田玄紀氏と、同社・取締役COOの朏仁雄氏が会見に応じた。

今回の不正流出による被害総額は30億2000万円相当。顧客からの預かり資産としては20億6000万円相当が流出し、同社が顧客から預かる仮想通貨資産の13%にあたるという。BITPointのユーザー約5万人が被害の影響を受ける。同社は流出した全仮想通貨をすでに保有しており、ユーザーに対して補填が可能であることを強調していた。現在停止中のサービス再開時に仮想通貨で払い戻しを行う予定だ。

流出の原因や不正アクセスの経路については現在調査中とのこと。現時点では同社がオンラインで管理するホットウォレットが、不正アクセスにより秘密鍵を盗み出されたことに起因する可能性が高いと説明した。

BITPointは現在すべてのサービスを停止しており、再開時期については未定となる。不正流出による被害については、サービスの再開時に仮想通貨で補填を行うという。今後、被害拡大への対策として、同交換所がホットウォレットで管理する全資産のコールドウォレットへの移行を行うという。コールドウォレットからの流出は確認されていないが、コールドウォレットで管理中の仮想通貨の状況についても引き続き監視を行っていくとした。