ニュース

Zaifにハッキング、67億円相当の仮想通貨が不正流出

フィスコが50億円の金融支援とテックビューロの過半数以上の株式取得へ

 仮想通貨交換所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社は9月20日、67億円相当の仮想通貨が不正送金されるというハッキング被害にあったことを公表した。今回のハッキングは9月14日の17時頃から19時頃までの間に、仮想通貨入出金用のホットウォレットを管理するサーバーに対するもの。被害額はBitcoinが5966BTC(1BTC=71万7000円換算で42億7762万2000円相当)で、MonaCoinとBitcoin Cashについては調査中とのこと。今回、不正流出した67億円相当の仮想通貨は、22億円相当が同社の固有資産で、顧客から預かっているものが45億円相当であるという。

 19日掲載の記事「仮想通貨交換所Zaifでサーバー障害、BTC・MONA・BCHなどの入出金が一時停止中」で報じたように、テックビューロはZaifにおける仮想通貨入出金サービスなどを停止している。同社によると、二次被害を防ぐための体制が整った後にサーバーを再稼働させる予定であるとのこと。

 なお、株式会社フィスコデジタルアセットグループと株式会社カイカの支援を受けることも発表されている。具体的には、フィスコデジタルアセットグループが子会社を通じ、50億円を提供する金融支援、テックビューロの過半数以上の株式を取得する資本提携、過半数以上の取締役の派遣、監査役1名の派遣を検討する基本契約を締結した。また、Zaifのシステム改善に向けて、株式会社カイカが技術支援することで基本合意した。