ニュース

Facebook幹部、仮想通貨リブラを巡る6つの質問に回答

「ユーザーはFBを信頼する必要はない」=ブロックチェーン部門長マーカス氏

(Image: Zilverlight / Shutterstock.com)

フェイスブック(Facebook)が独自通貨「リブラ」(Libra)を6月18日に発表して2週間。世界各地の規制当局がさまざまな疑問を示し、情報提供を求める中、元ペイパル(PayPal)の社長で、フェイスブックのブロックチェーンチームを率いるデービッド・マーカス(David Marcus)氏が7月3日、リブラに関する詳細なコメントをフェイスブックに投稿した。

マーカス氏は、「フェイスブックはリブラ・アソシエーション(Libra Association)の28の創設メンバーの一社にすぎない」「開かれた議論を奨励するために、意図的にリブラの計画を早く発表した」と説明し、「この2週間で私が聞いた重要な質問やコメントに答えましょう」と、論点を整理して回答した。

Q&Aの要旨は以下の通り。

リブラは本当にブロックチェーンですか?オープンでないし、分散化されていませんが。

マーカス氏: 組織がノードを実行することでリブラ・アソシエーションのメンバーになれるという最初のメカニズムは、ビットコインほどオープンではありません。ただし、リブラ・ブロックチェーンは間違いなくオープンになるように設計されています。ブロックチェーンへのアクセスや、ウォレットのようなサービスを構築するために、メンバーになる必要はないのですから。

リブラは今後、ブロックチェーンの基本原則である分散化を徐々に実現していく計画です。

リブラ・アソシエーションの憲章を制定しないのですか?

マーカス氏: フェイスブックはリブラ・アソシエーションの憲章を作成し、新しいメンバーに批准させることもできます。しかし、それはリブラ・アソシエーションの精神に反しています。私たちは、最初の創設メンバー全員が、ガバナンス規則の設定、役員の選任、および他の重要な決定という難しいプロセスに参加することを望んでいます。

私たちはフェイスブックを含む個々の組織の力を制限するシステムを設計しようとしています。このネットワークは将来的に、公共の利益になることでしょう。

リブラは全ての人に金融アクセスを提供するファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)に本当に取り組むことができますか?

マーカス氏: リブラの発表以降、このトピックについて多くの意見を見聞きしました。その中で、銀行にお金を預けられない主な理由は、「実際に銀行に預けるために必要なお金がないから」であり、リブラはこの問題を解決しないとする主張は特に印象深かったです。

しかし、銀行口座を開設するための資金がないと言う人々は、現代の金融サービスには意味がないと言っているわけではありません。彼らはただ、システムにアクセスする余裕がないのです。現実に彼らは、身近なところにある、法外な料金を請求するサービスの使用を余儀なくされています。

リブラは、40ドルのスマートフォンとインターネットアクセスがあれば、誰でも資産を安全に守り、世界経済にアクセスし、低いコストで取引し、そしてあらゆる金融サービスにアクセスする世界を実現します。リブラが成功すれば、何十億もの人々に変化を起こせるでしょう。

規制当局や議員とどう関わっていきますか?

マーカス氏: 非常に規制の厳しい業界で、私たちは新しい取り組みについて話しています。これが正しく行われないと、誰もが望んでいないリスクが生じる可能性があります。

私たちは規制当局、中央銀行、そして議員との共同プロセスにコミットメントすることで、特にマネーロンダリングやテロ資金調達など、既存の金融システムが戦ってきた問題の解決に貢献しようとしています。私たちとリブラ・アソシエーションは、これらの重要な問題に関して、全ての利害関係者と積極的かつオープンに協力していきます。

フェイスブックは金融サービスの管理者として信任を得られますか?

マーカス氏: フェイスブックはネットワーク、通貨、それを支える準備金を管理しません。リブラの立ち上げ時には、フェイスブックはリブラ・アソシエーションに参加する100以上の組織の中の1メンバーになっているでしょう。特権はありません。フェイスブックはリブラ上でウォレットサービスを運営する子会社カリブラ(Calibra)を設立しました。しかし、フェイスブックがカリブラのファイナンシャルデータを閲覧することはありません。

もっと重要なこととして、人々はリブラを通じて、完全な相互運用性を持つさまざまなウォレットを使用できるようになります。その操作は利用者自身が行うことができ、リブラの恩恵を受けるためにフェイスブックを信頼する必要はないのです。

フェイスブックはリブラネットワークに対して特別な責任を負うこともありません。私たちは、ファイナンシャルデータの分離を約束し、実現するために努力します。

フェイスブックはなぜリブラプロジェクトを進めるのですか?

マーカス氏: この事業は当社がなすべきミッションに沿っているからです。世界をより近づけるためには、人々のコミュニケーションツールを用意する必要があります。現在、人々はお互いにテキスト、動画、写真などを送り合えますが、価値の移動は簡単ではありません。経済的なエンパワーメントは当社のコアバリューの1つであり、私たちはデジタルマネーと金融サービスについても、同じように手助けしたいと考えています。

ただ、テキストの送信などとは大きな違いが一つあります。私たちは構築したネットワークと通貨の管理を放棄します。

リブラが成功した場合、フェイスブックはリブラを通じた商取引から利益を得るでしょう。取引が活発になれば、広告主は広告の効果を評価し、自分たちのビジネスを成長するために、フェイスブックからより多くの広告を購入してくれるでしょう。さらに、カリブラのウォレットに対する信頼を長期にわたって得られれば、より多くの金融サービスを提供し、他の収益源を生み出すこともできます。