ニュース

トランプ大統領「Facebook仮想通貨リブラは信頼できない」。公聴会前に初言及

「米国には実質的な通貨は一つしかなく世界中で圧倒的=米国ドルと呼ばれている!」

(Image: Evan El-Amin / Shutterstock.com)

トランプ米大統領は11日(米東部時間)、Facebookが2020年のローンチを計画する仮想通貨「Libra(リブラ)」の規制を示唆するツイートを投稿した。トランプ大統領がLibraに公式に言及したのは初めて。

ドナルド・J・トランプ氏は11日、Twitter上で「私は暗号通貨のファンではない」と述べたのを皮切りに、仮想通貨のリスクとLibraへの批判を連続投稿した。具体的な投稿は以下の通り(時系列順)。

私はビットコインや暗号通貨のファンではない。これらは「お金」ではなく、その価値は裏付けがなく非常に変動しやすい。規制されていない暗号資産は、麻薬取引やその他の違法行為を助長するリスクをはらむ。

トランプ米大統領の連ツイその1

同様に、Libraという仮想通貨は安定性や信頼性はほとんどない。フェイスブックや他の企業が銀行になりたいのであれば、彼らは銀行設立免許を求めなければならず、他の銀行と同様に全ての銀行業務のルールに従う必要がある。

トランプ米大統領の連ツイその2

米国には実質的な通貨は一つしかない。それはかつてなく強く、信頼性を持っている。それは世界中で圧倒的に支配的な通貨であり、これからも変わらないだろう。それは米国ドルと呼ばれている!

トランプ米大統領の連ツイその3

Libraを巡っては米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長も11日の米上院委員会で、「リスクを極めて慎重に審査する必要がある」と指摘し、2020年前半の発行は困難の見解を示した。16、17日には米上院委、下院委で相次ぎ公聴会が開催され、Facebookのブロックチェーン事業を統括するデービッド・マーカス氏が出席する予定だが、これまでの流れを見る限り、世界中が注目するリブラ・プロジェクトが逆風にさらされているのは間違いない。